いろんな色に染められる空間


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雪見大福
彼の知り合いのお誘いで、「樹氷」を見に行ってきました。
車で片道2時間ほど、全然雪なんてなかったのにちょっと高いところへ行くと、すこ~しずつ雪が現れました。
スノボウェア、ニット帽、ネックウォーマー、手袋、トレッキングシューズ(この日のために購入)を身につけ初心者とは思えない「形から入る主義」を見せ付けてみた。
山に登るのなんていつぶりだろう。。。とぼやきながら登山開始。
40代~70代くらいの年配の登山者が多く、私たちのような若者はかなりまれ。
若いからきっと余裕だわと思ってました。
でも意外ときつく、ウェアの中は汗をかいてました。
上のほうへ行くと、念願の樹氷がでてきた!
枝に細かく氷のつぶがついていて、光にあたってキラキラ光る。
一本一本つきかたが違ってどれを見てもおもしろい。
頂上は風も強く、寒さも厳しかったから氷というより、雪のかたまりが枝についていました。
もっともっと寒いときは「えびの尻尾」状のものが見れるらしい。

頂上の小屋で、インスタントラーメンを作り(知り合いの奥さん特製の野菜たくさんラーメン)たべました。
ラーメンってこんなおいしかったっけ。
シチュエーション重視だな。

ふわっとした新雪を見て、「雪見大福のパッケージにのってるやつみたいや。」とつぶやくと隣にいた彼も同じことを思っていたらしいどうやらそのへんの思考が似ているらしい。。。

下山するときは、「スノーシュー」というものを借りました。
これをつけると、新雪ゾーンに行っても足が深く沈んでしまわない。
だから誰も踏んでない雪見大福のところへ足を踏み入れることができるのです。
一緒に行った山の師匠が「ここらへんで遊ぼう」と言い出し、
「新雪をできるだけ踏むように。」という指示がでた。
私たちは思い思いのところへ行って遊びました。

前々から好きだったけどアウトドアやっぱり楽しいなあ。
今度の夏はキャンプしたい
スポンサーサイト
【2006/01/29 18:15】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<樹氷 | ホーム | プチ練習前夜>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://spazio.blog31.fc2.com/tb.php/87-db8c4a04
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。