いろんな色に染められる空間


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マイナスイオン浴び放題
全くタイムリーでない私の日記。
目をつむってやってください。

8月12日から14日まで滋賀県へキャンプに行って来ました。
キャンプ場ガイドを見ながら、
「ここマイナスイオン出てそうやな。」
とそんな基準で選んでみました。
本当は奈良の曽爾村に行きたかったけど、予約がいっぱいで断念。
でもその滋賀のところも過ごしやすいとこでした。

少し前から分担してキャンプ用品をそろえて、マイマーチに積み込み積み込み。
あんまりコンパクトカーでキャンプってのもないだろうけど、楽しければなんでもいいのさという勢いで。

☆12日
朝7時に出発。早朝でもお盆の名神高速はすごかった。
まず入り口で渋滞。マナーの悪い車に
「譲り合いでしょ~。」
とぶちぶち言いながら進む。
高速にのってみれば、思ったほどのべったり渋滞ではなく一般道の速度で走れるくらい。
でも着いたのは12時前でした。。。

テントをはり、テーブル、チェアを組み立て、タープをはり。
書いてみたら簡単だけど、タープをはるのは初めてだったから、かな~り苦戦しました。
汗だらだら

なんとかセッティングし、お昼は簡単にみそら~めんで。noodle.jpg


散策をしたあと、晩御飯の買出し。
今夜は、BBQ☆
木炭で火をつけ、じゅーじゅーお肉を焼きました。
ご飯もバーナーで挑戦しました。
蓋がカタカタ動くので、おさえる石ないかな~と探してたらこんなの発見。ハートです

heart.jpg


ここのキャンプ場、なんととってもきれいな温泉がついてるんです。
キャンプ場の人がほぼ全員来るからめちゃめちゃ混んでたけど、汗臭さ、炭くささをすっきり落とすことができました。

☆13日
キャンプ場の上にある山に登りました。
823.8m!!
結構な山でした。ハイキング気分で甘く見てたのに、真ん中くらいで無言の世界に入ってしまいました。
登山もマラソンと同じなんか、途中でふっと楽になるときがあって、また楽しくいけました。
途中に、川が流れてて、つめた~~い水を触ることができました。
きもちよかった。
ミクシィのトップの写真は、もうちょっとで頂上(頂上じゃないのかよ!?)てとこで撮ったものです。
テーマは「私の山」。

下山して、一息つきまた買出しに行きました。
そんなに山奥のキャンプ場じゃないので、車で15分ほどでスーパーにいけちゃいます。初級キャンパーにはありがたい。
今夜のメニューは・・・
ジャンバラヤ!!
チョリソーとチリパウダーでピリッと激うまでした。

jyanbaraya.jpg


とっても快適なキャンプ場で、かなり楽しめました。
家族連れ、ペット連れのキャンパーも多く、人間ウォッチングも楽しかったし。(この家族はお父さんがよく動くな~とか勝手に言ってました。。。)
温泉でゆっくりまったりもいいけど、アウトドアはいいっ!
スポンサーサイト
【2006/08/18 07:56】 おでかけ | トラックバック(1) | コメント(0) |
花火
大阪に来て8年目にして初めて淀川花火大会へ行きました
人が多いとは聞いていたけどすごい人。
駅から目的地へ行くのも一苦労。さすが大都会大阪(?)

なんとか場所を確保し、ゆっくり見られました。
「すご~い。」「きれ~い。」とみんなが口々に言ってました。
花火って毎年すごくなっていく気がする。
ただただ「すご~い。」いうてたらいいのに、ない頭を使って
「なんで途中で色が変わるんやろ。」
「なんで高さが違うんやろ。」
とあんまり知っても仕方のないことをうだうだ言う。
年をとった証拠かなあ。

でも結局はやっぱりアホぶりを発揮してしまいました。
彼に言われるまで、点火は人が手でやってると信じてたから
大人数でやってるんやでという言い訳もむなしく、あっけなく却下されました。

うちの地元も同じ日に花火大会だったんだけど、3000発くらいだったんじゃないかな。
地元は手でつけてると信じてやまないんですが。。。無理?
「きっと母からメールが来るよ。うちの犬が怖がってたって。」
って話してたら案の定来てました。
内容も当たってた。
通じ合ってるというか、母の発想が単純というか
【2006/08/06 19:42】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
カバラバ
書いたつもりですっかり忘れていたけど、先週の土曜日クラムボンのライブに行ってきました。
初のカバーアルバム「LOVER ALBUM」のライブ。
クラムボンのライブに行くのは今回が初めて。
私の車でよくかかってる曲を気に入っていた彼を半強制で引き連れて行ってきました。
MCは原田郁子ワールドが広がり、一言一言がかわいい☆
でも今回はベーシストの彼の不思議さにやられました。
「わたしはね。。。」って話し出したらとまらないMCに初めは引き気味だったものの聞いてるとはまっちゃう。
おそるべし。
私単純ですから、こうやってライブに行くとすぐ恋しちゃって困ります。
かなりクラムボンラブになっちゃいました。

追伸:今成績の一言書くのにず~っと追われてて、かなり長時間現実逃避しています。教師にはつらい時期。
【2006/07/16 23:28】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) |
青い春
大人二人と中学生約20人でサッカーの試合を見に行ってきました
高校の新人戦決勝。
実は私、自分のクラスの子どもたちが体育でやってるサッカーの真似事以外で、試合を生で見たことがなかったんです。
ルールもほとんどわからず、見てもおもしろいんかな~と思ってたけど、
横で「あれがこうで、今のプレイは…」と説明してもらいながら観戦したらそれが結構おもしろかった
それぞれの学校の応援を聞いてると、なんだか自分も青春時代を思い出したりしてしまいました。
私は水泳部やったから、あんまり大声だされても、水中でよく聞こえないんだけど
まあなんか応援してるんが楽しかったりしたわけです。
みんなで必死でね。

さすがに冬の屋外だったので、体が冷え切ってしまったけど
中学生の大人と子どもの中間のような発言を聞いたり、ピュアでちょっと悪そうな笑顔に
ひきつけられたりしながらなんだかんだと楽しかったです。
【2006/02/20 22:05】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
雪見大福
彼の知り合いのお誘いで、「樹氷」を見に行ってきました。
車で片道2時間ほど、全然雪なんてなかったのにちょっと高いところへ行くと、すこ~しずつ雪が現れました。
スノボウェア、ニット帽、ネックウォーマー、手袋、トレッキングシューズ(この日のために購入)を身につけ初心者とは思えない「形から入る主義」を見せ付けてみた。
山に登るのなんていつぶりだろう。。。とぼやきながら登山開始。
40代~70代くらいの年配の登山者が多く、私たちのような若者はかなりまれ。
若いからきっと余裕だわと思ってました。
でも意外ときつく、ウェアの中は汗をかいてました。
上のほうへ行くと、念願の樹氷がでてきた!
枝に細かく氷のつぶがついていて、光にあたってキラキラ光る。
一本一本つきかたが違ってどれを見てもおもしろい。
頂上は風も強く、寒さも厳しかったから氷というより、雪のかたまりが枝についていました。
もっともっと寒いときは「えびの尻尾」状のものが見れるらしい。

頂上の小屋で、インスタントラーメンを作り(知り合いの奥さん特製の野菜たくさんラーメン)たべました。
ラーメンってこんなおいしかったっけ。
シチュエーション重視だな。

ふわっとした新雪を見て、「雪見大福のパッケージにのってるやつみたいや。」とつぶやくと隣にいた彼も同じことを思っていたらしいどうやらそのへんの思考が似ているらしい。。。

下山するときは、「スノーシュー」というものを借りました。
これをつけると、新雪ゾーンに行っても足が深く沈んでしまわない。
だから誰も踏んでない雪見大福のところへ足を踏み入れることができるのです。
一緒に行った山の師匠が「ここらへんで遊ぼう」と言い出し、
「新雪をできるだけ踏むように。」という指示がでた。
私たちは思い思いのところへ行って遊びました。

前々から好きだったけどアウトドアやっぱり楽しいなあ。
今度の夏はキャンプしたい
【2006/01/29 18:15】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。